スマートまちづくりフォーラム in 水戸

- 交通から考えるまちづくり -
開催概要 本フォーラムは終了いたしました
開催日時 平成24年2月11日(土)13:30〜17:00 ,12日(日)
会場 エクセルホール 大ホール
水戸市宮町1-1-1エクセル6F(JR水戸駅南口直結)
TEL:029-231-7711(代))

開催の主旨 私たちは日々の生活の中で、つねに「移動の問題」と向き合っています。
あのお店に行くときはどこで駐車しようか、渋滞に巻き込まれず会社に着くために何時に家を出ようか、飲み会の会場までバスで行くと運賃はいくらかかるのだろうか、子供の保育園の送迎をどうしようか…。
「交通」と言うと一部の専門家だけの話のような気がしますが、「ヒトやモノの移動」は私たちにとって日常的なありふれた問題です。
日々のストレスにもつながりそうな「移動」の問題。もっと「移動」がスマートで快適なまちにすることはできるのでしょうか?
また、いまはスイスイ移動ができる状態でも、自分が高齢者になった時のことを想像すると、スマートで快適な移動が難しくなるかもしれません。
2011年3月11日の東日本大震災で多くの被害を受けた水戸市ですが、「復興」のためのまちのビジョンを考えるチャンスを得たと前向きに考えることも可能です。
このフォーラムに参加することにより、ご自身の日々の移動の問題から、人と環境にやさしいまちのあり方を考え、水戸のまちを見つめ直すきっかけが生まれれば、と思います。 
主催 水戸市政策研究会
高齢者と環境にやさしい交通まちづくりを考える会
交通まちづくりの広場(人と環境にやさしい交通をめざす協議会)
後援 国土交通省、茨城県、水戸市、茨城県公共交通活性化会議
開催内容

2月11() 13:3017:00(懇親会は18:00頃から)

  (1)基調講演      森 雅志氏(富山市長)

  (2)パネルディスカッション「交通が支えるスマートまちづくり」

     パネリスト   森  雅志氏(富山市長)

                松井 直人氏(国土交通省大臣官房技術審議官)

                任田 正史氏(茨城交通代表取締役社長)

                堀江 真由美氏(茨城大学・大学院学生)

コーディネーター 宇都宮浄人氏(関西大学教授)

 (3)総 括

 (4)懇親会

2月12()

 (5)エクスカーション

  ・世界遺産登録を目指す偕楽園、弘道館をはじめ、水戸のまちを
   「交通まちづくり」の観点でめぐります。

関連企画  記念論集の発行ほか

資料代 1,000円(参加費:無料)
懇親会 18:00 頃〜 [会費:¥3,000]
会場:水戸京成ホテル(フォーラム会場より徒歩5 分) 茨城県水戸市三の丸 1-4-73
電話:029-226-3111
お問い合わせ 須藤文彦(水戸市政策研究会)こちらから  090-8680-9622

A